世界に出よう、世界で起業しよう

今、ここにある幸せ

人は慣れてしまう生き物なので(動物はなんでも)、便利な環境や豊かな環境にずっといててもそれに慣れてしまって、そのことに対して何とも思わなくなる。当たり前になって感謝の気持ちを持たなくなる。そして幸せとも思わなくなる。
失って初めてそれに気づく。違う世界、違う環境に身を置いて初めてそれに気づく。仕事にしても、家族にしてもそう。ずっとあることが当たり前になると感謝の気持ちを失う。だから、たまにそこから離れる期間を定期的に持つことで、ありがたみを再認識し、感謝の気持ちが生まれ、幸せな気持ちを確認できる。ずっと幸せな状態、満たされた状態だとそれが感じられない。その逆の体験、苦労や不幸な経験があるから、幸せや感謝の気持ちが芽生える。
だから逆境や苦労、不幸な経験は、人生を豊かにする経験の一つなのだから、それをも感謝するべきなのです。
色々な経験をすることで人生は豊かになる。その振り幅が大きければ大きいほど。満たされて幸せな毎日だけでは、本当の幸せを知ることができない。
そういう意味では、逆境や苦労も幸せな経験の一つなのである。(本当の幸せを知るためには必須)
振り返ってみて思い出に残ったりすることや人生の転機となったりするのは、そちらの経験の方である。ピンチはチャンスと言うが、私の人生を振り返ってみてもまさにそう思う。順風満帆な人生であれば、今の自分はないし、きっと面白くない人生だと思う。
失敗や逆境、うまく行かないことがあるから人生は楽しい。
どんな状況であろうと、今が幸せであり、今、自分がいるところが楽園であると思えることが、豊かな人生を送っていることなんだと思う。
物資的な豊かさではなく、心の持ちよう。
その心を持つためには、日常の毎日を離れ、非日常を経験するべきだし、今、住んでいる場所、家族、仕事を一定期間離れ、全然、違うところで生活をする、仕事をしてみるという経験が大切になってくる。
若い時に海外を旅して回った人(特にバックパッカーで)、海外で暮らしたことのある人は、それを経験していない人と比べ、人間力が強いと思う。
視野も広いし、多様な価値観を認めている。日本の閉塞感に対してちょっと距離を置いて見ることもできる。ずっと日本にいない私には、日本の閉塞感も含めて、楽園だと感じるし、夢の国であると感じる。そう感じられるのは、本当に幸せなことである。先日、フィリピンのセブ島の近くにあるカオハガン島という電気も水もガスもインフラが何もない島を訪ねたが、そこも自分には楽園だと思えた。物質的な豊かさは何もないけど、本当に住んでいる人たちの心が豊かで、自然の恵は宝物のような場所であった。今、高野山に来ているが、ここも楽園だと思う。自分が訪問する場所、暮らす場所、滞在する場所が楽園だと思えて、その日々の経験が人生を豊かにしてくれているなーと感じられることは本当に幸せなことである。

今、こんなに世界が近くなっていて、少ない予算で快適に泊まれる場所、仲間と巡り会える場所、交流できる場所もたくさん増えている。距離もコストも昔と比べればほとんどなく、国内旅行よりも気軽になりつつある。(言葉の問題さえなければ)
世界に出るべきです。日本にずっといるのは、もったいなさすぎる。

世界を旅しよう。世界で暮らそう。世界で起業しよう。世界で仕事をしよう。成功するしないは関係なく、その経験こそが、あなたの人生を豊かなものにすること、間違いなしです。そして、日本の素晴らしさ、日本人の素晴らしさを、再認識して、日本がそして自分自身が大好きになります。そして日々が充実します。本当に大切なものが何か、気づけるようになります。自分にとって大切なもの、幸せは、すぐ「そこ」にあります。それに気づくことができます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中