日本人の私たちが海外旅行をしたり、海外に住む理由。

日本人の私たちが海外旅行をしたり、海外に住む理由。

それは、自分たちが日本人であるというアイデンティティの
再認識と日本、そして日本人の素晴らしさを再発見するためだと思う。

マレーシアに少し、暮らしてみて感じるのは、文化面や歴史の奥行きのなさ。
そしてそれは、そこに住む人たちの魅力に欠けてしまうように感じてしまう。

いろいろな人種、文化、習慣、宗教、言葉が入り交じる中、
感じるのは、そこの町や文化、習慣を形成する一番の根底に
なるものが、宗教や風習である。

マレーシアはイスラム教がベースとなっているし、タイは仏教である。

この宗教の違いだけで二つの国のベースとなる社会基盤的な部分は
大きな違いを見せる。

宗教がベースで習慣が形成されていくが、そこの気候や風土も
習慣や風習に大きく影響をしてきて、その宗教や風習が人の

人格形成にも大きく影響を及ぼしその国の民度、町づくり、
衛生面にも影響をしてくる。

そしてその宗教、文化、風習、民度はその国の言葉にも影響をし、
深みのある言語を育成させていき、その言葉がその国の人々の
文化レベルを高めることに影響をしてくる。

どのような環境で、どのような宗教観で、どのような言葉で、
どのような文化、風習の中で、生まれ育つかというのは、人格形成に
大きく影響する。

日本という古い歴史、奥行きのある素晴らしい文化、風習があるのに、
それを放棄して、外国の文化で育てる、外国語を学ばせて、日本語を
しっかりと学ばせない、日本の文化や習慣、食文化を学ばせないのは、
本当にもったいないことだと思う。日本人は世界で最も、歴史があり
奥ゆかしく、味わいのある文化、伝統をもった国であり人種であると思う。これは、誇りにするべきことである。

例えば、子供に英語が話せるようになってほしいからという理由で
小さいときから、マレーシアやフィリピン等に語学留学をさせるのは
日本人としてのベースが怪しくなり、何人かわからない大人になって
しまう。少なくとも日本では通用しない人物に育ってしまう。
(外国企業に就職をして、日本との架け橋的な仕事をするにはOKだが、
純粋な日本国内の企業への就職は、日本の大学に行かない限り難しい)

ただ、ずっと日本にいるだけでは、日本の素晴らしさ、日本人の素晴らしさを
認識することが難しい。(あたりまえになりすぎて)

だから、できることなら、日本と外国の両方の環境で育てて、日本の文化の
素晴らしさを体に染み付かせて、覚えさせることと、外国で異文化をたくさん
経験させて日本の素晴らしさを再発見することが大切だと思う。

親が子供の教育として送ってやれるプレゼントは、学校というブランドではなく、マルチリンガルでマルチカルチャーな子供に、そして日本で、世界で経験をしたさまざまな体験が、何よりの教育だと思う。

極論を言えば、無理に学校に行かせる必要もない。興味さえあれば自分で
何でも学べる時代だ。それでも学校に行きたいと思える楽しい学校環境、
教育環境を親は子供として用意をしてやるべきだと思う。

子供は自分の成長の環境を自分で決められない。親がセッティングをして
やる必要がある。その環境や教育方針が子供の未来を決めて、子々孫々と
影響をしてくるのだと思う。