GNH(国民総幸福感)を目指す社会へ

先日、台湾の前世占いをしてもらう機会があった。テレビ番組の不思議発見で紹介されていて興味を持ったので、家族でみてもらった。少し眉唾で行ったのだが、仕事や自分の事で言われることが、当たっているというより、心も含めていろいろなことが見透かされていると感じた。今までの私の中での理解や常識を超えた何かがそこにはあった。

沖縄にも、ユタという霊媒師のような占い師がいる。沖縄の人々は、重要な意思決定はユタに委ねる。(結婚や事業、家を建てるとか)それも、恐ろしいぐらい言い当てられる。言い当てられるのは、当たり前で、その人にとってどのような素晴らしい提案をするかどうかが、鍵なんだと、専属のユタを持っている人は言う。 私も、今回、台湾で占ってもらった経験で、通常では理解できない能力や世界を少し理解し、前世というのも信じるようになった。そう考える前は、いつ死んでも後悔しないように『今』を生きようと刹那的であった。前世、来世があると思うことで、永遠に生きるために自分を高めて行こうと変わった。前世がほんとうのところあるかどうかは、わからないが宗教というのは幸せになるため、もしくはよりよい社会秩序を保つための考え方、習慣みたいなものだと思う。前世や来世があると思うだけで、思考や行動が変わる。

しかし現代の世界で、さまざまな宗教はうまく機能していないように思う。 日本人は、経済成長よりも、物質的な豊かさよりも、精神的な豊かさ、つまりは、幸せになるための考え方、習慣、学問を必要としていて、再度、日本神道、日本仏教を見直し、さらに昇華させて、他の素晴らしい思想も取り入れたりしながら、心豊かな時代にしていくべきである。金融資本主義の次の世の中の仕組みは、『徳』をベースにした社会、法律、システム、ルールを切り替えて行く必要があるのではないかと個人的に思っている。夢物語かもしれないが、村単位では可能かと。小さな村の集合体が、国(小さな国)。そんな社会がいいのではないかと思っている。いずれにしても、ここ10年から20年で社会も国も世界もがらりと変わる。ならば、殺伐とした世界ではなく、いい世界に変わってほしいものである。

これからの社会を考える時に、ブータンが経済成長よりも、GNH(国民総幸福感)を指標としているのはいいお手本である。

ブータン国立研究所所長である、カルマ・ウラはGNHについて次のように述べている。「経済成長率が高い国や医療が高度な国、消費や所得が多い国の人々は本当に幸せだろうか。先進国でうつ病に悩む人が多いのはなぜか。地球環境を破壊しながら成長を遂げて、豊かな社会は訪れるのか。他者とのつながり、自由な時間、自然とのふれあいは人間が安心して暮らす中で欠かせない要素だ。金融危機の中、関心が一段と高まり、GNHの考えに基づく政策が欧米では浸透しつつある。GDPの巨大な幻想に気づく時が来ているのではないか。」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中