徳の高い起業家

日本でいかにして、徳の高い起業家を育成していくか?

徳の高い企業家、経営者ですぐに思いつくのが、松下幸之助や稲盛和夫である。彼らが成功した一番の理由はその高い徳性にあることは間違いない。長期的に見れば、経営者に最も必要な資質は、高い徳性であり、それは企業の人格ともなる。しかし、高い徳性だけでは、新しい事業のスタートアップはうまくいかない。ましては、世界を変えるような革新的な事業ともなれば、通常とは違う視点をもった特異な人材でないと難しい。一般的には、そのような人たちは、スタートアップ時には、クレイジーと言われているような人たちである。

日本で徳が高く『世界を変える』ような破壊的創造をする、起業家は生まれるのか?

起業家はこれからの世の中がどのようになっていくべきか?ビジョンを語れないといけない。

夢物語でもいいので、起業家は日本の将来のビジョンをたくさん語った方がいいと思う。
たくさんのビジョンがあって、たくさんの選択肢があって、それぞれが融合する事でまた、
素晴らしいビジョンが生まれる。

10年、20年後と言わず、50年、100年後の理想とする生き方、暮らし、ワークススタイル、
社会、国家の夢、ビジョン、どうあるのが理想的かを語り、そこから逆算して、今から20年後、
30年後のために何をするべきか、考える。

そんなこと、誰も考える人はいないかもしれないが、幕末時代、明治維新へと導いた人たちは、
日本より国家の仕組み、経済システム、産業技術面で、50年も100年も進んだ『外国』を見て、
変わろうと決意した。
ペリーの来航や外国との交流がなければ、未だに江戸時代のままかもしれない。

今、ITテクノロジーとITインフラの進化、スマートフォンやタブレットの普及などで、従来の
既存の枠組みをひっくり返す、新しいものがたくさん生まれて来ています。
今までの物やサービスは、すべてアナログをベースとしたオールドテクノロジー時代の産物で、
会社や行政、法律、国家システムも含めて、恐竜化しつつある。大きすぎて、小回りがきかず、
環境の劇的な変化に対応できないのです。ITテクノロジーを活用した新しい破壊的創造が
これからの世界を変えて行く。誰が、その破壊的創造を行う起業家なのか?

Google、Amazon、Facebook、Line。すべて何もないところからのスタートである。
大企業が作ったシステムではない。Appleも当初から破壊的発明の連続でした。
現在のITテクノロジーのきっかけ、礎はApple、スティーブジョブスが作ったと言っても
過言ではない。Appleがなければ、Windowsは生まれていない。iPhoneがなければ
今のスマートフォンは生まれていません。

ITインフラがほぼ、世界中に張り巡らされ、人々にスマートフォン端末が行きわたった今、
まさに、オールドテクノロジー時代の恐竜たちには、ペリーの黒船来航と同じ状況なのです。

大企業は破壊的創造を行う起業家になれるのか?
大企業は変われるか?いや、変われない。既存の成功モデルがある限り、それにしがみ
ついてしまう。そこから破壊的創造は生まれにくい。働いているスタッフもエリートばかり。

また、日本の優秀な人材も自ら起業する人は少なく、医者になる、大企業に入る、
官僚になる、公務員になることを望む。そんな状況では、日本からGoogleやAmazonは
生まれない。

前後100年を見ても、今が世界を変える絶好のチャンスである。ITテクノロジーを
使った新しいサービス、社会改革、国家改革は、まだ何も進んでいないのに等しい。
しかし、まだそれに気づいている人は、日本には少ない。

また、教育も根本的に変わる必要があります。教育し、人を育てることが国家の
財産だと思います。国や地域はここに一番、力を入れ、予算をつけるべきです。

今までに、世界を変えるようなサービスを起こした起業家の子供のときの環境や
どのような学生時代だったか、どのような経験をして来たかを調べれば、おのずと
起業家の資質、育てる環境、教育というものが見えてくるはずです。

ほとんどの起業家は、裕福な家庭環境で育っていないし、エリートでもなかった。
共通していけるのは、ハングリー精神があり、普通の人とはまったく違った物事の
見方をしていた。

子供に苦労はさせない、何でも与える。勉強していい学校、大学に入る。そして
安定したいい会社に勤める。そんなことを盲目的にさせて来た子は、残念ながら、
世界を変えるような起業家にはなれない。将来のことを考えて子供が幸せになる、
本当の子育てとは何か、もう一度、考えてみるべきではないでしょうか?

edit by 円尾 伸三

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中