買わない。シェアをする。

海外で暮らしてみて、思うこと。それは、やはり日本人にとっては日本が最高の国で海外でずっと暮らすよりも日本で暮らす方がいいときっと思うはずだ。日本にいると問題点ばかり目につくが、海外で暮らすと日本の素晴らしさばかりが目につく。よって、海外で暮らしたほとんどの日本人は、やはり日本がいいと帰国を希望する人がほとんどである。今、住んでいるペナンも平均して2年〜3年でみんな飽きて日本に帰れれる。シニアにしても親子留学にしてもだ。文化や歴史に奥行きがないのに加え、やはり我々は日本人で日本的なサービス、文化、習慣、人とのやりとりを切望するのである。
海外で暮らしてみる経験は、それは素晴らしいものだ。しかし、海外でずっと移住することは難しいし、ほとんどの人にとっては不可能だと思っておいた方がいい。だから、海外で自分が住むための不動産を購入するとか、車を購入するとか、いろいろなものを購入するのは、極力、やめるべきだ。特に不動産は、アジアでは価格が上昇するからと投資目的も含めて購入しようとする人が多いが、今後はどうなるか不明だし、売りたい時に売りづらく、なんだかんだと手数料をとられ、そんなに利益が出るものではない。車にしてもそうだ。1年か2年で帰るかもしれないなら(ほとんどはその可能性が高い)車は買う予定もレンタルをした方がずっとましだ。日本車は新車で買っても高い値段で売れるというが、実際はそんなことはない。3年乗る予定なら、買ってもいいかもしれないが、1年や2年ならレンタカーをお勧めする。マンションや家なら、なおさらだ。1年や2年で帰るかもしれない(いや、ほとんどの人はその地域から離れる可能性が極めて高い)場合は、絶対に絶対に購入するべきでない。また、土地勘もない状況(住みだして1年も経たないうちに)不動産を購入するべきでもない。日本人相手に、現地の不動産を販売する日本人業者もたくさんいて、彼の主な収益は不動産の販売手数料が大きいので、どうしてもすぐに売ろうとするが、絶対に買うべきでない。
新しい土地に住み始めるなら、最初は、日本人と一緒にシェアハウスで住むことをお勧めする。現地のいろいろなわかんないことや問題点を一緒に暮らしながら教えてくれる。また、いろいろな不要なものを買う必要もない。車も場合によっては乗せてもらえたり、シェアできる可能性もある。
海外で極力、物を購入するべきない。あなたは3年以内にそこを離れる可能性は、80%を超えるだろうと断言してもいい。その土地を離れる時、購入したほとんどのものは捨てるかガレージセールで日本人に対して安く売るかのどちらかの選択だ。不動産や車は売るのに苦労することになる。
アジアに仕事で単身で来ている日本人もたくさんいる。シニアの夫婦も多いし、単身のシニアの多い。親子留学の母と子供も多い。みんな、それぞれで個別に2ベッドルームか3ベットルームのコンドミニアムを、借りて部屋を余らせているケースがほとんどだが、余っている部屋を日本人にシェアハウスとして貸し出したいいと思う。ペットを飼っていたりする場合も、自分が日本に一時帰国する時や旅行に行く時も、同居する人に世話をしてもらえるので、便利である。海外では日本人同士、助け合った方がいい。食事にしても、レジャーにして、何にしても。過度なプライバシーを追い求めて、目に見えない不便さや問題、不必要な支出に振り回されるより、少し我慢をして、生活をシェアすることで、今まで知らなかった新しい価値を発見することになるだろう。
足るを知るである。

海外で日本人が暮らすシェアハウスに住むことは、日本語のコンシェルジュサービス付きのサービスアパートメントに住むようなものである。このような日本人向けシャアハウスを紹介、マッチングするサイトをいつか、やってみたいと思っている。それは、自分がそれらを使って世界中を回るようなライフスタイルを送りたいから。(桜と紅葉のシーズンは日本で過ごし、それ以外は海外の各地で暮らすようなライフスタイル、ワークスタイル)

edit by Shinzo Maruo

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中