潜在意識

潜在意識を活用する

人の潜在意識は、現実と想像の区別をつけることができない。だから自分に自己暗示をかけたり、成功した時のイメージトレーニングをすることは、潜在意識を効果的に働かせるいい方法だ。自分の夢や目標を何度も何度も願ったり、祈ったりすることで潜在意識に深く刻み込むことができる。思い込みや楽観思考などを上手く活用して、潜在意識にいいイメージをすり込むのも有効な手段だ。

潜在意識の力は無限大で、例えば眠っている間に問題となっていることへの解決方法や、夢や目標のアイデアを与えてくれたりする。過去の多くの偉人は、夢やうたた寝から様々なアイデアを得ているし、その手法を上手く活用している。また、普段の生活の中でも本人が気づかないところで幸運を引き寄せたり、チャンスを気付かせてくれたりする。無限の可能性を持つ潜在意識を味方につけることで創造力が増し、夢や目標の実現可能性が大幅に高まる。

何でもいいので希望することを自己暗示してみる。寝る前に鏡に向かって『私の心は強くなる』『私の信念は強くなる』と、話しかけるようにして自己暗示をかける。朝、起きたらまた鏡に向かって『私の心は強くなった』『私の信念は強くなった』と言い聞かせる。これを毎日、繰り返すことで本当に心は強くなり、信念も強くなる。

潜在意識を制するものが人生を制する。できると思って信じればできる。
できないと思えばできない。ポジティブにいいように思い込み、潜在識にどう働きかけるか、活用するかである。

 

edit by 圓尾 伸三