日本人としての子育て

どのようにすれば、子供を日本人の心、精神性を持った徳の高い大人に育てる事ができるのか? そんな簡単なことではないが、三つ子の魂、百までというぐらい 子育ては極めて重要で、その子の一生、または次の世代まで 影響してしまう。 まず、子供の子育ての環境は、親でないとセッティングできない。 環境はすごく大事である。 まず、しっかりとした日本人の土台として必要な教育が、『日本語』だと思う。

最近、日本でもインターナショナルスクールに通わせる親も多いと思うが、少なくともある程度、人格が形成される思春期ぐらいまでは、しっかりとした日本語教育の環境を準備しないと、何人か、わからない大人になってしまう。日本に住んでいて、インターナショナルスクールに通うのと、海外に住んでいて、インターナショナルスクールに通うのでは、全然違う。日本に住んでいて、インターに通う場合は、クラスの1/3〜1/2は日本語が通じる友達がいるのと、学校以外の環境が丸ごと、日本である。しかし、外国の場合は、クラスには日本人は一人か二人ぐらいとごく少数であるのと、学校以外の環境は家庭を除いては、外国語の環境である。日本語と日本文化に触れられるのが、家庭内とパソコン、タブレットのみと限定されてしまう。この場合、家庭でかなり力を入れて日本語と日本文化等の教育をしないと、外国人のようなアイデンティティの子供に育ってしまう。外国人のアイデンティティになる=駄目と言っているのではなく、日本人のアイデンティティを持って育てたいと思っているなら、意に沿わない結果になってしまうということである。海外においては、小中学校ぐらいまでは、日本語学校に通わせ、高校から現地のインターナショナルスクールに通わせるという選択肢もおすすめである。

子供の頃に、教育環境としてはいい場所に身を置き、さまざまな 体験、経験をさせてやることは大事だが、もっと大事なのは 甘やかしすぎないことである。 貧乏やつらい思いをしないで、大成した人はほとんどいない。 そう考えると、何が子供のためか。甘やかすことか。 いい学校に入れることか。苦労をさせることか? 要は、愛情を持って、日本人の心や精神を持った大人に育ててやるのが親や社会の役目だと 思う。

子供に理論を言っても、腹にはまらないので、型で教えて 体で覚えさせるのがいいと思う。生活習慣や普段の所作、ふるまい、 行動、言葉遣いをしっかりとしたものにする。 その前に、見本となる親がしっかりとしないといけない。 美しい心、美しい所作、ふるまいが、徳の高い、気品のある 子供に育てると思う。 子供を甘やかして育てる事よりも、お金を残す事よりも大切だと思う。 それが子供にとっても、子孫にとっても一番の財産となる。

個人的な感想としては、徳のある子育ては都会より 自然環境豊かな田舎でする方がやりやすいと思う。核家族で子育てをするよりは、 昔のように、親子3代、できれば村ぐるみで子育てをするのが 理想だと思う。

 

edit by Shinzo Maruo

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中